【税理士の先生方へ】「法人税基本通達9−6−2」に則った実態確認調査

新ホームページ告知







 

 

 

ご注意ください!

平成26年12月16日(火)に弊社をかたり、以下の迷惑メールが一斉送信されました。

「インターネットコンテンツ運営会社から調査依頼があり、

身辺調査後に、上運営会社が裁判上の手続きに入る」

(株)東京エス・アール・シーから、上メールは一切送信しておりません。

 

また、メールに記載されている電話番号は弊社の番号ではなく、担当者も在籍しておりません。

現在、本件を管轄警察署に相談し、適切な対応をお願いしている状況です。

メールを受領された方におかれましては、一切の対応をされませんようお願い申し上げます。

(平成26年12月16日(火)午前10時38分)

 

 

<高額債権の償却調査 ご提案します>

 


調査会社に

 『法人税基本通達 9−6−2』を理解させたうえで

情報収集させることが肝心です


 

 

この基本通達によれば、債務超過の疎明として、

 

「決算書を債務者から受領すること」

 

を要件としています。 ところが、実際には

 

『債務者から決算書を手に入れる?

 難しいんじゃ・・・』

 

 

債権償却に手を付けたいのはやまやまだが、決算書の入手は困難だし・・・

かといって、回収不能な債権を、B/Sにのせたままというののも、健全とはいえない。

 

〇 不良債権のオフバランス

〇 適正な株価

〇 キャシュフローのアップ    などなど

 

内外から求められる命題は山積し、

顧問を務められる先生方におかれても、さぞかし頭の痛い問題であるかと思います。

 

そこで、東京エスアールシーでは、

「法人税基本通達 9−6−2」に記述されている

 

『債務者の資産状況、支払い能力等からみて

その全額が回収できないことが明らかになった場合』

その実態面を疎明した調査ご提案

 

入手困難な「債務者の決算書」の代わりの策として、

この「実態面調査」を検討いただきたいと思います。

 

また、この「明らかになった場合」というのを、実態調査以外の側面から疎明するため、

合わせて弁護士の協力も必要となります。

 

具体的には

 

 訴訟 → 債務名義の取得 → 強制執行 

     → 執行不能調書(動産)・陳述書の無回答(債権執行)

 

という裁判上の手続きが求められるようです。

 

こうして、

弁護士に依頼し

「裁判上の手続きを踏まえ、債権回収の努力を充分行なったこと」

 

調査会社に頼み

「債務者の実態調査をさせて、支払い能力がないこと」

 

それぞれを当局に示し、高額不良債権の償却を、適切に推し進めていくことになろうかと思います。

 

いずれにしましても、

利益計上が見込まれたタイミングにおいてこそ

高額不良債権の利益償却を、検討すべき時期ではないでしょうか?

 

 

弊社、東京エスアールシーは、これまで税理士の先生方とご相談をしながら・・・、

 

億を大幅に超える不良債権の償却にあたり、

 数多くの実態把握調査を進めてまいりました。

 

 

もっとも堅い職業のひとつである税理士の先生が

弊社を信頼していただき、「実態把握調査」を依頼いただいた背景のひとつに、

弊社代表が下記の実績を持っていることと無縁ではないでしょう。

 

 


 

☆ 実績1 ☆  レガシー税理士法人より、税理士向け教材発売

 

        「そういう見方があったのか!

          と喜ばれる397円の会社謄本の使い方」 (2012年6月)  60分DVDの講師

 

                      → こちらがDVD教材情報

 

☆ 実績2 ☆  ビジネス書のベストセラー作家 神田昌典氏主催 

ダントツ企業実践オーディオセミナーのゲストスピーカー(VOL.171)に選出

 

      「事業拡大をするときに寄ってくるグレーな会社を見抜く方法

        337円しか掛からないのだから、必ず登記簿謄本を調べなさい!」(2014年3月)

 

              → こちらがダントツ企業実践オーティオセミナーの情報

  

☆ 実績3 ☆  東京商工会議所他 講演実績多数

 

     東京商工会議所 14支部で延べ講演回数20回超の実績(2009年6月以降)。

     (新宿・千代田・品川・渋谷・目黒・大田・中野・練馬・豊島・北・荒川・江東・江戸川・足立)

                    他、さいたま商工会議所、横浜商工会議所、八王子商工会議所

 

             → 『会社謄本の読解セミナー』の様子 (平成25年9月6日 豊島支部)

 

☆ 実績4 ☆  商業出版実績

 

               「元銀行員の探偵が教えるヤバイ会社こう見抜け!」(こう書房)

                                 2007年2月

 


 

 

債権償却をご検討の先生、あるいは経理総務の皆様、

お気軽にお尋ねください。 お問い合わせ先は

 

03(5333)5091 もしくは tokyosrc@titan.ocn.ne.jp   まで。

サービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)施行当初より、不良債権調査と反社会的勢力排除条項調査で、多くの回収成功例を演出してきました。

東京エス・アール・シーのホームページへ いらっしゃいませ


弊社は必要かつ最小限の調査をご提供するのが

真のサービスと考えます

トップページ演台写真ぼかし楕円.gif鞄結档Gスアールシー 代表取締役 中村勝彦と申します。弊社は昭和41年創業、「反社会的勢力調査」 「債権回収のための調査」に特化した調査会社です。

調査を依頼するとき、もっとも大切なポイントは費用面のデメリットを把握すること。 費用はそれなりに発生し、しかも期待する効果に先行するものです。

「反社会的勢力調査」「債権回収調査」は、企業に積極的な収益をもらすものでもありません。

ゆえに弊社では、できうる手段は企業側で講じていただき、そのためのアドバイスをお話しし、自助努力の限界を超えた事案について、ご相談いただく。これが弊社の基本スタンスです。
 

調査を依頼する前に、企業内で講じることができる手段とは・・・


 企業で講じることができる手段はいくつかありますが、 

 私は「会社謄本」を使った簡便な「反社会的勢力調査(=反社チェック)」を、

 御社におすすめします。


冊子内容案内(改良編).gif

 その理由として、会社謄本は・・・、

  ・「安くて」「かんたんに」入手できる資料である

 

 その読み方と、チェックポイントさえ身につければ、

  ・反社チェックや、その会社のモラルをある程度、判断できる  からなのです。

 

 私は、こうした会社謄本の有効利用を、

 商工会議所のセミナーや企業の研修会でご紹介したり、

 下記の無料小冊子配布という形で、ご案内しています。

 

 


 反社接触リスク15%低減を目指すための小冊子 こちらをクリック

 会社謄本をつかった反社チェック おさえるべき5つの登記事項  こちらをクリック

 会社謄本セミナーの内容  こちらをクリック


 

 

そして、自社で対応できない事案に遭遇したときは・・・

 

会社謄本をつぶさに見てみてもシロクロと判然とせず、

大手が提供するデータベースにも該当がない。

そんな悩ましいケースは多々、ございます。そして、マンパワーの問題もあるでしょう。

・スタッフがない

・警察当局OBがいない

御社がそのような状況に遭遇してしまったとき

弊社にお声をかけてください。 こんな調査メニューをご用意しています。

 

反社勢力調査のイメージ.gif

 【依頼背景 〜 相談 〜 報告まで】  こちら

 【反社スクリーニング 簡易タイプ調査・詳細タイプ調査】 こちら

 【第3者割当増資・IPO関連調査 】 こちら

 【IPO関連調査 調査実績】 こちら

 

そのほか、債権回収調査の詳細を、クリックしてご覧ください。

 ≪ 調査メニュー ≫  ≪ 事例紹介 & 料金 ≫

【債権回収調査】 債権執行にすぐ使える  
【債権回収と調査】 判決書は意外と無力  
【法人信用調査】 企業情報がゼロのとき  
【個人信用調査】 経歴の詐称を検証する 
【事実関係確認調査】 詐害行為を訴える  
【不動産関係調査】 テナント・近隣の情報
 

→ ご相談・お問い合わせはこちら 

【総務 法務@】 反社チェック 7例検証   
【総務 法務A】 悪質なNPO法人 2例研究
【債権回収】 無担保債権から億の回収 
【弁護士 法務部】 損害賠償訴訟 4例検証 
【法廷 口頭弁論】 調査結果に被告あわてる
【人事部】 社員の経歴詐称トラブル 
【PM事業・再開発事業】 18の調査例
【総務一般】 12の調査例

 調査料金はこちら

 

 

【『会社謄本の読解法』セミナー 開催の予定】

◆平成24年10月23日(火)日本政策金融公庫 江東支店

◆平成24年10月26日(金)東京商工会議所 中野支部

◆平成24年11月28日(水)八王子商工会議所


【開催実績】

東京商工会議所(新宿・千代田・目黒・渋谷・練馬・品川・北・大田・江戸川・荒川)

さいたま商工会議所、神奈川県宅建業協会(川崎南・横浜中央)、長野法人会

日本経営合理化協会、西武信用金庫、税理士法人レガシィ(販売用DVD講師)

他銀行、不動産業など (順不同)


◆セミナー動画(5分間 画面をクリックしてください)

 

≪営業方針≫ ・【対外的活動1 出版実績】 ・【対外的活動2 講演活動】 ・【ご相談について】 

 

 反社会調査のまえに知っておきたいトピックス 

 不安と疑問を解消する Q&A

【キーは一般市民】 反社条項どう運用?@
【ボーダーレス化加速】 反社と一般人の関係
・【疑わしき人 どう判断?】 多面的な情報収集
【シロでもクロでもない】 グレーゾーンが多い     
【人脈の2面性】 多彩な人脈の裏にある本音
【調査の情報次第】 反社条項どう運用?A
【閣議決定】 企業に要求された内容
 <テーマ別 ( )内はQAの数>
調査料金(5)
実費(3)
調査の見送り、中止、中途解約(3)
契約書(2) 
【会社謄本から事件を斬る!第2回】
過去の記事 <

数多くの不良債権調査・訴訟事案調査の実績から、債権回収など法律用語には慣れています。  

安心して問い合わせ下さい。TEL:03−5333−5091 

 商工会議所セミナー 会社謄本 読解法の解説!  会社謄本 おすすめ便利情報 

3月17日セミナー風景1の2会社謄本 ウラの裏

会社謄本?銀行提出書類でしょ?  この考え、変えませんか?会社謄本で反社チェックができる! 

 
【商工会議所でも好評開催!】 他に企業研修でも
【セミナーの感想と雰囲気】 参考になったが99%!
【講師は弊社取締役】 著作もある講師のプロフィール 
【調べたい会社が出てきた@】 セミナーでも紹介
【調べたい会社が出てきたA】  セミナーでも紹介

パソコン画面で会社謄本115px.jpg PCで会社謄本

意外と知らない会社謄本の取り方。「早い、安い、ラク」 いいことづくめ!その取扱説明を解説。  

 

【まずは登録から】 利用者登録の仕方
【1通  465円で】 会社謄本の取り方
【ちょっと注意@】 基礎編
【ちょっと注意A】 応用編
【コンピュータ化されていない】 ふるい会社謄本のとき

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る