セミナー企画・セミナー講師をお探しの皆様へ

会社謄本の見方を、短時間で身につけたい方へ。こんな内容のセミナーです。

 


テーマは “会社謄本の解説”  とくに・・・

  「会社謄本から反社勢力チェックをする方法」

  「会社謄本からモラルがある会社どうか?を判別する方法」 をおはなしします


社内勉強会 

◆ 商工会議所を中心に開催

過去5年の実績は下記のとおり。公的団体の講演が中心。

お申し込み多数により、事前に締め切るケースもございます。

(下表赤太字は満員締切)あらかじめご容赦くださいませ。


 セミナー実績  開催日
(平成25年度)  
横浜商工会議所 平成26年1月29日
東京商工会議所 豊島支部 平成25年9月6日
東京商工会議所 足立支部 平成25年7月9日
(平成24年)  
リクシル 岡崎支店 平成24年12月10日
八王子商工会議所 平成24年11月28日
東京商工会議所 中野支部 平成24年10月26日
日本政策金融公庫 江東支店 平成24年10月23日
さいたま商工会議所 平成24年7月12日
東京商工会議所 江戸川支部 平成24年7月6日
東京商工会議所 北支部 平成24年6月21日
東京商工会議所 荒川支部 平成24年6月13日
西武信用金庫(支店内研修会) 平成24年6月12日
東京商工会議所 練馬支部 平成24年4月17日
神奈川県宅建業協会 横浜中央支部 平成24年2月27日
東京商工会議所 目黒支部(2回目) 平成24年2月24日
大手銀行 社内研修会 平成24年2月9日
税理士法人レガシィDVD収録 平成24年1月31日
東証1部企業 社内研修会 平成24年1月12日他2回
   
(平成23年)  
東京商工会議所 新宿支部(2回目) 平成23年12月9日
東京商工会議所 千代田支部(3回目) 平成23年12月8日
日本経営合理化協会主催 特別講演 平成23年7月15日
東京商工会議所 目黒支部 平成23年3月11日 
月刊CD経営塾3月号 ゲストスピーカー 平成23年2月21日 
東京商工会議所  千代田支部(2回目) 平成23年1月18日
   
(平成22年)  
東京商工会議所 渋谷支部 平成22年12月7日
社団法人 長野法人会 平成22年8月26日
東京商工会議所  千代田支部 平成22年6月17日 
東京商工会議所 品川支部   平成22年3月17日 
   
(平成21年)
東京商工会議所 大田支部 平成21年10月13日 
東京商工会議所 新宿支部 平成21年6月17日
神奈川県宅建業協会 川崎南支部 平成21年3月9日

 

 


     「会社謄本の解説」を、日本でいちばん迫力をもって、わかりやすくおはなしします


 

『会社謄本なんて銀行提出書類のひとつ・・・』 

こんなあなたの認識を劇的に変えてみせます!

 

プロの見方は、閉鎖謄本の奥深く眠る登記情報へ、スポットライトを当てること。

すぐにつかえるノウハウを駆使して、事件に登場した会社謄本を素材に、

『なぜこの会社は、問題企業と断定できるのか?』をじっくり解説していきます。

 

だれもがア然とした会社謄本を取り上げて、

「犯罪収益移転防止法」の意味や、

実践的な分析ポイントを一緒に学びましょう。

 

そして、いま、企業が最も関心を抱いている分野のひとつ

「反社会的勢力」

ここにもスポットを当てたお話も盛り込んでいます。

 

平成23年10月1日施行 「東京都暴力団排除条例」の観点から

会社謄本のどの箇所をマークしたら

反社排除のリスクが少しでも実現できるか?についても、しっかり解説。

 


 ◆なぜ、司法書士・行政書士でもない調査会社が、会社謄本のセミナーを???


 

 

不良債権・不法占有・投資詐欺・・・

それら調査で遭遇した会社謄本の分析を、何百件と体験した経歴を持つから。

 

「司法書士」「行政書士」の先生方は、会社登記のプロです。

しかし、会社の良し悪しを判断するプロではありません。

 

設立登記の事務手続きを行なう側面と、

与信調査の側面からとでは、おなじ会社謄本でも見方は全く違います。

 

よく考えてください。

詐欺的演出を考える人、不法・脱法行為をしている人

こういう人たちが、司法書士・行政書士に、安易に登記を頼むでしょうか?

 

先生方もプロです。

あやしげな依頼主がやってくれば警戒するでしょうし、

何をしようとしているか、一発で見抜くはず。

 

当然、関わりを持ちたくないがため、

そんな登記申請の仕事は断るでしょう。

知らずに犯罪行為のほう助をして、免許をはく奪でもされたら、たいへんです。 

 

ですから、怪しげな会社謄本の事案自体、

先生方の目に触れることが、あまりないのです。

 

ところが、われわれ調査会社には、

怪しげな事案しか集まってきません。

あたりまえです。

 

この会社はおかしい、この会社は絶対変だ

そう感じるから、

「調査してほしい」と弊社の依頼がくるのです。

 

書店に行って、会社謄本に関するコーナーをご覧ください。

「自分でできる登記の仕方」といった本はたくさん出ています。

しかし、「会社謄本の分析」といった本はほとんどありません。

 

もしあるとすれば・・・、それは唯一、私が書いた本ではないでしょうか?

 

いささか大げさですが、

会社謄本の分析を主だって行っている業者は、

調査会社以外ないのが現状だと思います。

 

それが証拠に 一般の経営者のみならず、

セミナーに参加された金融のプロでさえ、こうおっしゃっています。

 

「会社謄本に接する機会は多いのですが、今までは特段目にとめなかったことも、こんなにも情報が詰まっているんだと実感いたしました。」

「会社謄本は、やはり現状確認に使うのみで、『読み込み』はできていませんでした。今後は、調査先を深く理解する一助として会社謄本を活用致したいと存じます。」

 

会社謄本の「ウラの裏」を知れば、

その会社の良し悪しをかなり判断できるようになるのです。

 

謄本申請書類など

分析を続けていくと思わぬ「ドラマ」に遭遇することも・・・ 

 

 


なぜ商工会議所が、私のテーマを取り上げてくれたのでしょうか?理由があります。


 

商工会議所の方は、マル経融資の審査担当も兼任しているから。 

 

私も銀行員を10年やっていましたので、

書面で融資の判断を迫られるときのツラさは身にしみて、経験しています。

正直、「これだ!」という基準がなかったですから。

いまのようなノウハウがあれば、どれだけ楽だったかと・・・。 

 

セミナーの売り込みをしに、商工会議所へ出向いた時のこと。

 

コネも紹介もなく、アポイントもとらず、

会社謄本の『ウラの裏』のセミナーテーマについて、お話ししたところ・・・

驚くことに、ほぼその場で採用即決だったのです。 

 

逆にこちらが驚いて、うかがうと

 

「我々、融資の審査担当も兼ねているので、かなり興味があるんですよ」

 

じつは商工会議所の方こそが

会社謄本の読解力をもっとも必要とされている方だったのです。

 

 

率直に申し上げますと、

大半の方は会社謄本をどう見たらいいのか、

おわかりになっていません。たいへん由々しきこと。残念です。

 

会社謄本を見て、

判断できる情報、できない情報、それは存在します。

しかし、「判断できる情報」すら、理解されていないのが事実。

 

そんなきっかけから、このセミナー企画を思い立ちました。

セミナーと云うかたちで、

会社謄本の「ウラの裏」をお話ししはじめ、約3年。

 

おかげさまで

他の商工会議所からもお声がかかるようにもなりました。

商工会議所だけでなく、上場企業でも開催をさせていただいています。

 

御社でもセミナーや社内勉強会のかたちで開いてみませんか?

著作をもつ管理者が丁寧に解説します。

 

会社謄本「ウラの裏」セミナー → 受講のくわしい感想はこちらへ

 

 

 セミナー内容

 

     問題企業か? 反社会的企業か? このスクリーニング力を高めたい 

      会社謄本の読解力をアップさせたい

 

そんな方に向けて、60〜120分までにご要望に合わせて構成いたします。

 

そして、セミナー受講後にめざす効果ですが・・・

セミナー受講後のイメージ.jpg
 

 

セミナーではわかりやすく、ていねいに説明しますので、大丈夫。

 

21年10月17日に行った

東京商工会議所大田支部でのセミナーでは、

受講者の66.7%が、「わかりやすかった」と回答いただいています。

 

 


 ◆ セミナーの特長についてご案内します ◆

 


 

<特長 その1> 

問題企業・反社会的企業の存在を実感できるトピックスを使い

コンプライアンスの疑似体験をする

 

 

下のように新聞の社会面をにぎわした 

「未公開株詐欺事件」 「取り込み詐欺事件」 「脱税事件」 

これら事件に主役となった会社謄本を実際に入手して、分析していきます。

 

アクア新聞見出し(225ピクセル).jpg フジ新聞記事見出し(225ピクセル).jpg

 

<特長 その2> 

スライドを多用して、視覚的に理解する

 

 

このセミナーの90〜120分で、80以上のスライドを使って説明します。

理屈の前に、視覚的に理解していくことで、記憶の長期定着をめざします。

1月14日風景(150px).jpg 3月17日セミナー風景2(150px).jpg 3月17日セミナー風景1(150px).jpg

 

そして、レジュメを手元に配布し、スライドの補足資料といたします。

<特長 その3> 

ホンモノの会社謄本を取得し、チェックポイントを赤ペンで加え、具体的に指摘する

 

 

特長その1で実際に取得した「会社謄本」に、チェックポイントを加え、スライドをつかって解説。

すると、なぜこの会社とお付き合いするのが好ましくないのか? これが一目瞭然。

 

フジ姫路(相生)役員登記ほったらかし(225PX100).jpg  アクア現在有限責任社員部分(225px100).jpg

 

そのせいか、みなさん熱心に聞いていただいております 

 
6月17日セミナー2

<セミナー受講後の効果>

短時間のうちに大量の会社謄本に触れることになり、拒否反応がなくなる

 

スライド5

このセミナーでは17通の会社謄本を編集、スライドに映写します。 

 

「習うより慣れろ」 方式で、

「会社謄本」に馴染みがない人、目にする機会がほとんどない人でも、

このセミナー受講後は、

会社謄本を見慣れたあなたに意識改革!

 

 意外と知らない「絶対、お得情報」もご案内します

 

スライド6

 

◆ 知らないと損する「ネットでの謄本の取り方」。

◆ 法務局でなら1000円も、ネット経由なら半値以下の465円

◆ であるばかりか・・・、 無料でここまでできるか!?というワザまで、レクチャーします。


◆  このホームページ上の 「パソコンで会社謄本を取る ガイダンス編」 でも、

   くわしく流れを説明しています。 → こちらを 

 

 

受講された方の感想をご紹介しましょう

 

 

「実体験に基づくお話はいわゆる専門家の方のお話とは違い、

 素人の私にもイメージしやすい、わかりやすいものでした。」

  
「会社謄本をこんな風に読みこなすのかと開眼した感じです。

 新規取引先との取引に懸念があるときは調査だけでなく

 謄本も非常に有効なことが解りました。」


「このセミナーを通じて、犯罪収益移転防止法の意味を感じました。」


「ダマされない為の防衛手段として参考になりました。ありがとうございます。」

「会社の謄本が正しいという考えから、

 必ずしも正しくないもの、と考え方を少々変えることができました。」

 

たくさんのご意見を頂戴いたしました。そしてアンケートを拝見して間違いなく言えるのは、

 

◆ 受講前とは会社謄本の考え方を180度かえていただけた。

◆ 会社謄本から積極的に読解していこうという姿勢を持っていただけた。

 

これらです。

ひとりでも多くの方に、会社謄本の「ウラの裏」、を知っていただくために、

セミナー開催に一生懸命取り組んでいきたいと思います。

 

こんな構成で90〜120分、 お気軽に一報くださいませ。

 

6月17日セミナー3 

■1 当ホームページ管理者 中村まで、お気軽に一報くださいませ。

TEL 03−5333−5091 平日9時〜17時 土日祭日除く)

中村不在の場合は、おことづけいただければ、折り返し連絡を入れさせていただきます。

 

■2 セミナーのスケージュル調整させていただきます。

また、お時間に応じた内容で、一部変更も可能でございます。 

 

H ちなみに先日セミナーのチラシです

 

 商工会議所案内2.JPG

 

◆ いかがでしょうか?  とにかく、むずかしいことは一切抜きのセミナーです。

 

 

 

 

会社謄本セミナー 

 

今なら、少人数でも無料で出張・企画いたします。 安心してお問い合わせください。

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る