管理者(中村勝彦)プロフィール

【1965年(昭和40年)生まれ】

東京都渋谷区出身。 

東京都立大学付属高校・学習院大学文学部心理学科卒業。

 

【1988年(昭和63年)、大和銀行へ入行】

個人富裕層から上場企業まで、融資渉外業務を中心とした営業畑を歩む。

支店勤務は4店舗(大阪府大東市:住道支店、井荻支店、五反田支店、神田駅前支店)。

本店勤務は、東京融資部(研修生として)

 

【1998年(平成10年)、民間ボディガード会社へ転職】

危機管理業務として、身辺警護員を企業に派遣する会社の事務方として従事。

社会面で報道された事件などにおいて、警護員へVIPの身辺の安全確保に当たらせる。

同時に、警護を依頼された企業側から、与信調査の相談業務を担当した。取締役(企画担当)

 

【2001年(平成13年)、弊社へ。現代表取締役】

黎明期のサービサーに対して、債権回収業務の一プロセスに「調査」を組み込む企画営業の提案に従事。

いわゆる「ポンカス債権」から億単位の回収するきっかけ作りをするなど、債権回収を促進させる実績を上げる。

平成23年より代表取締役就任。

 

【2007年(平成19年)2月、こう書房より商業出版】

本と冊子

題名「元銀行員の探偵が教えるヤバイ会社はこう見抜け!」

不良債権調査の相談に従事した経験から、「会社謄本の見方」をまとめた。

「会社謄本の見方」のみに集約した本としては、初めての企画。

登記専門家と一線を画し、やさしく・くだけた口調で、初心者が読めるタッチが特徴。

「休眠会社の悪用」や「登記項目のカラクリ」をテーマとした。

 

【2008年7月  「週刊住宅」 記事取り上げ】

週刊住宅

不動産業の「黒子」役というテーマで取材をうけました。

不動産業界紙大手の「週刊住宅」の方から取材を受けました。

 

【2009年(平成21年)6月、東京商工会議所でセミナー開始】

 6月17日セミナー3

2012年4月現在(予定含む)

新宿、大田、品川、千代田、渋谷、目黒、練馬、北、荒川、さいたま各支部で。

ほか、宅建業協会川崎南支部、横浜中央支部、長野法人会でも実績あります。

公的機関を中心にセミナー活動を展開。

 

【2010年9月 ACFE JAPAN 公認テキスト編集スタッフとして参画】

一般社団法人 日本公認不正検査協会
ACFE JAPAN
(Association of Certified Fraud Examiners Japan)

ACFEJAPANバー.jpg 

−不正検査士マニュアル2005-2006 日本版 改訂版−

不正検査士CD写真.jpg   不正検査士CD

都市銀行10年勤務、調査業10年超のキャリアを買われ、
2010年改訂版で日本版マニュアルの翻訳の
全面見直しの担当スタッフとして参画。

●不正調査 「不正取引の追跡調査」の項目

  

 

【2011年3月 月刊CD経営塾ゲストスピーカー】

月刊CD経営塾 平成23年3月号日本経営合理化協会

 「会社謄本の読み解きの法則」 

日本経営合理化協会.jpg CD塾サンプル.jpg

月刊CD経営塾2011年3月号HP用.jpg

 

収録風景

 CD塾収録1  CD塾収録2

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る