パソコンで会社謄本を取る ガイダンス編

 

 会社のパソコン・自宅のパソコンで、会社謄本を取りましょう!

 

21年6月、東京商工会議所で開催したセミナー「会社謄本の見方」で

受講された方に壇上から質問させていただきました。

 

「ネットで会社謄本取れるなんて知らない」 「一度も利用したことがない」

このどちらかに該当する方、手を上げていただけませんか?

 

すると・・・、 

なんと半数以上の方が、挙手されました。

これはとても、もったいない事実です。

 

また、受講後のアンケートで、

「ネットで会社謄本取れると聞けたのが有意義だった」

 こうお書きいただいた方が、一人や二人ではありませんでした。

 

そこで、このページでは、

「会社謄本入手の方法」までを、 丁寧にご説明し、

あなたの業務にぜひ役立てていただきたいと思います。  

 

 

これまでは法務局へ出かけて謄本を請求・・・

◆ 1通、1,000円。結構高いです。 

法務局柱

 

◆ おまけに法務局って、なぜか駅から遠い。行くの大変なんですよねぇ・・・。

◆ そして午後5時で終了です。

あるいは郵便で請求・・・

◆ 郵便だと時間はかかる。

◆ 開封したら、もう一度郵便で請求しないければならないことも・・・。 

 郵便で請求

 

ところが・・・規制緩和で、パソコンから会社謄本が取れるようになりました!

◆ しかも1通480円!なんと半値以下。

◆ 安くて居ながらにして、しかも平日は午後9時まで取得可能。

  (平日のみ。一部対応していない法務局もあります。) 

パソコン画面で会社謄本

◆ このように、パソコン画面上で、登記情報を入手することが。

◆ 画面は会社謄本ですが、不動産謄本も入手可能。 

 

◆ これを利用しない手はありません。

 

 

 

 

 おおまかな流れ

それでは、登録方法から、登記情報の入手まで、順を追って説明してまいります。

 

パソコンの前に座ればすぐ取れるのか?というと、そうではありません。 

必要な登録手続きがあります。

まず、そこからご案内いたしましょう。次のフローチャートをごらんください。

 

 @ クレジットカードが必要

 A 登記情報センターに利用者の登録をする

 ▼

B 後日、ID番号が送られてくる  

 ▼

 C 会社謄本取得サービスが利用できる 

 ▼

 D カード決済による料金請求 

 

この流れが基本になります。

 

「一時利用」といって、その場で利用できる方法もありますが

◆ 1度きりの利用であること

◆ 結局はクレジットカード情報を入力しなければならない

ために、管理者中村は、上のフローに従って利用者登録をし、利用しています。

 

「パソコンで会社謄本を取ろう」のもくじ

◆ 利用者の登録方法について見たい 

◆  会社謄本の取り方について見たい

◆ 料金の確認方法について見たい

 

◆ 例外編

◆ ちょっとした注意点(基礎編)

◆ ちょっとした注意点(応用編)

 

 

 

 

 

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る