反社チェックご担当の方へ(反社会勢力調査トピックスE)

    

【無料小冊子のご案内】  〜反社チェックやスクリーニングのヒントに!〜
 「反社チェックに役立つ 会社謄本読解マニュアル」(A5判91ページ)

新小冊子表紙

【冊子内容】
・反社勢力の影や痕跡が会社謄本に見えないか?
・会社謄本をどう使ったら、反社リスクを回避できるか?
図解入りでわかりやすく解説

≪ 詳しくは ↓↓↓ をクリック  ≫
冊子ご案内ロゴ

 

 

 <反社会勢力調査トピックス E>

反社会的勢力排除条項の運用は、人物・企業の信用調査による情報次第

 


「企業が反社会的勢力による被害を防止する為の指針について」では、

 

『反社会的勢力による被害を防止するためには、・・・いずれにせよ、

最終的に相手方が反社会的勢力であると合理的に判断される場合には、

関係を解消することが大切である。』

こう表現されています。

  

「反社会的勢力と合理的に判断する」ということは

「その状況・理屈から、反社会的勢力と見るのが妥当である」 ということ。

 

しかし、「反社会的勢力だ、と合理的に判断する」のが難しいから、

民間の企業がたいへん困っているのではないでしょうか?

 

では、合理的に判断するためには、どうしたらよいか?

それは1にも2にも、情報を集めることに他なりません。

情報量が多くなるほど、合理的な判断を下しやすくなるはず。

 

 

民間企業は前科などの情報を入手することはできません。

(→「前科照会事件」という最高裁判決<昭和56年4月14日>もあるくらいです)

つまり、取引の相手方を白か黒か判断をつけられる術をもっておりません。

 

そこへもってきて、一般人が反社会的勢力を動かすという、昨今。

 

 

そこで、「反社会的勢力排除条項」を円滑に運用するため、 

契約の相手方であるのひととなり、交友関係、周辺で漏れ聞こえてくる商道徳、

こういったヒアリング調査を、ご提案します。

 

そして、この一般人(企業)についての風評こそが、

「反社会的勢力であると合理的に判断する」基準である、と考えています。

 

【弊社の反社会的勢力調査メニューと料金】
 さらに詳しい情報は下記ののロゴから
反社調査メニューロゴ

 

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る