【会社謄本をつかった反社チェック その1】まずはパソコンで会社謄本を


反社チェックをしたい会社の謄本、取りましたか?


 

反社チェックだけではありません。  

 

「名刺の会社は、本当にあるのだろうか?」

「会社案内の会社は、本当に存在するのだろうか?」

「この会社、なんとなく変だなな?」

 

どんな些細なことでも、会社のことを知ろうとしたら、まず会社謄本。

反社チェック(や信用調査)の第一歩です。

登記があれば、かならず「会社謄本」を手に入れることができます。 

 

登記があるということは、「資本金を出して、社長・役員を揃え、会社を作った」という証。 

会社がないのに、「会社があります」  これはあからさまなウソです。

 

この見極めを行う作業が、反社チェック(や与信調査)の初動になります。

 

 


反社チェックをしたい会社の本店住所は、どこですか?


 

会社の登記は、本店住所がある法務局によって、管理されています。

本店が分かれば(〇〇市、××区まででOK)、会社謄本を取ることができます。

 

取る方法は3つ。メリット・デメリットがそれぞれあります。

 

 @法務局に行く

 APCで(→『取り方』

 B郵便で請求する

 
法務局柱100px.jpg
 
パソコン画面で会社謄本縮小.jpg
郵便で請求100px.jpg

法務局にある機器を利用すれば、1通あたり700円。

1通あたり397円クレジット決裁。 全国の法務局とオンライン。ただし、オンラインでない法務局、オンライン前の謄本はとれない。

1通1000円。登記がなかったときは、時間を浪費してしまうことになる。

会社謄本が取れた 

会社謄本が取れない

謄本印刷出来上がり225px.jpg

 

       会社謄本が取れたら・・・

            ↓  ↓  ↓

 「会社謄本の見方」ワンポイントアドバイスへ

 

◆ そもそも登記をしていない。(→ 個人が勝手に「会社」と称している。いわゆる「屋号」である。)

◆ 本店が別のところにある。

◆ 商号(会社名)が変更されている。

 

これらが原因として考えられます。

 

「これ以上、調べようがない!」

こんなときは、

弊社が調査を承ります。

お気軽にご相談を。くわしくは → こちらへ

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る