東京エス・アール・シー 会社概要

 会社名 株式会社 東京エス・アール・シー 
 本店

会社玄関(.jpg東京都新宿区西新宿4-32-13 

西新宿フォレストアネックス302 

 

 業務内容 各種調査・経済調査・企業調査・人物人事調査など 
 E-Mail tokyosrc@titan.ocn.ne.jp 
 TEL 03-5333-5091 
 FAX 03-5333-5093 
 代表取締役 中村 勝彦
 設立 昭和39年7月(登記面設立は昭和41年5月4日) 
 従業員 4名 
 取引銀行 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行他
 備考 東京都公安委員会 第30120096号(探偵業法届出) 

 

社名のエス・アール・シーは

Scientific Reserch Center の頭文字をとったものです。

他社とちがう3つの強み ◆その1 40年以上営業しています

 昭和41年

酒井竹一が、東京都中央区銀座東1丁目に資本金50万円で「鞄調」を設立。

初代代表取締役に就任。 

 昭和43年

社名を「鞄結档Tイエンティフィクス・リサーチ・センター」と改める。

同時に東京都千代田区岩本町に移転。

 昭和56年

「鞄結档Tイエンティフィクス・リサーチ・センター」の頭文字をとって

「鞄結档Gス・アール・シー」に商号変更。 

 平成10年

坂上正志が現代表に就任。 

 平成11年

東京都新宿区西新宿に移転。現在に至る。

 


◆1 長年営業しております


弊社設立の昭和41年は、60年安保と、大学紛争のはざま。

時代と企業の要請だったのか、人事調査は多忙を極めました、と聞きます。

 

どれほどいそがしかったか?

コピー機は未発達、まして個人情報保護法などありゃしません。

 

「段ポールに無造作に放り込まれた採用予定者の履歴書を、

人事担当者から箱ごともらったもんだ・・・」

 

冗談のようなやりとりが、どこの企業でも行われていたおおらかな時代。

弊社はそんなころに産声を上げました。

 

台帳

ここ10年ほどの受注台帳。

弊社は古いばかりでなく、調査の件数もこなしてまいりました。

 

初代社長の酒井竹一は大正生まれ。

戦前には警察に勤務しておりましたが、

戦後の公職追放で警察にもどることは叶わず、以来人事調査畑。

 

平成に入り高齢になった初代と、

10数年来の弊社外注先であった現代表とで合意して、

オーナーチェンジに至ったのが、平成10年。

 

こうした経緯で現在に至っております。

他社とちがう3つの強み ◆その2 込み入った複雑な調査が得意


◆2 込み入った複雑な調査が得意です


 

ホームページのメニューにあるように、

込み入った背景で調査のご依頼を受けるケースが得意です。

 

事情の込み入った調査は、

調査の技術を求められるのはさることながら、

商慣行・法律・一般常識にも知悉していないと、到底やりきれません。

四季報六法 

常に勉強しないと

お客さまとの話に

ついていけません・・・ 

 

そして同業者からも調査の依頼を受けています。

同業者でもやりきれない難易度の高い調査を、弊社が行う。

OEMですね。他社ブランドの製品を製造しているということでしょうか?

 

これが弊社の強み。

他社とちがう3つの強み ◆その3 相談員がユニーク


◆3 相談者がユニーク

 このホームページの管理者、中村がみなさまのご相談にうかがいます。


 

この業界にあってはめずらしい「都市銀行の勤務経験者」

 

金融系のトラブル、おもに債権回収を処理するために、

「調査会社として、お客様にどういった有効な調査が提案できるか?」

このコンサルティングが得意です。

 

また、20年前に宅地建物取引主任の資格を取得しました。

銀行時代には担保付き融資は散々致しましたので、

宅建資格者の立場を生かして、建築・不動産のトピックスにも対応できると考えます。

 

出版物があります

 

本と冊子

「会社謄本の見方」のノウハウ本を07年に商業出版しました。

「会社謄本をどのように分析したら、被害に遭わないか?」

 

お会いした時には 

こういう調査会社的な目線で、お話しをすることができます。

 

最近は、商工会議所や宅建業協会でお話しする機会があり、そのセミナーも好評。

ご相談の時に、ポイントの指摘などがお話しできるかもしれません。

 

ぜひお声をかけてください。

 

お問い合わせは
電話手元写真TEL 03−5333−5091 〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-32-13 西新宿フォレストアネックス301 (平日9時〜17時まで、土日祝日休業)

 TEL 070−5545−3125  でも受付中 (不在時は折り返し、お電話致します)
 会社概要・メールでのお問い合わせ → こちら

 

お電話の前に → 弊社の営業方針です   トップページへ戻る